カロリーに注意していても太ってしまう理由は代謝の衰退

カロリーに注意していても太ってしまう理由は代謝の衰退

肥満体質に陥ると、スリムになるにはカロリーを制限した方がよいのではないかということで、必死になって食事制限をすることに全力を尽くしたりします。なかには断食をしたりする人までいるのも事実です。

 

ただ肥満体質というのは、摂取するカロリーより消費するカロリーが大きければ解消できるという事実を把握していれば、カロリー制限ばかりに気を配ってもナンセンスであることが理解できるはずです。

 

ここでいうカロリー消費は運動代謝と基礎代謝によって左右されます。運動代謝というのは、体を動かすことによってカロリーを消費する行為です。一方基礎代謝というのは内臓機能を促進させたり体温の調整などを通じて生命維持に必要なものです。

 

特に基礎代謝というのは非常に厄介で、年齢とともに衰弱していく特長があります。ですので運動代謝を増やしてカバーしない限りどんどん代謝が衰退して、脂肪が蓄積されやすい体質になり結果として肥満体質になってしまいます。