肥満は遺伝するのか?その真相を解説します。

肥満は遺伝するのか?その真相を解説します。

体重計にに乗ってみて、最近やけに体重が増えたと感じたことはありませんか?大半の人が、体重を測定したときに、もしかした肥満体質になってしまったのではないかと感じるようです。

 

人体というのは、約7割が水で構成され、残りが筋肉や脂肪で構成されているのですが、肥満というのは、脂肪が標準量より過剰についている状態を指しています。ちなみに脂肪の割合が3割を超過すると肥満に該当するとお考えください。

 

この過剰な脂肪を減少させることがダイエットでは必須となってきますが、どのようにして脂肪を減少させればよいかというと、食事を摂取することによるカロリー以上に消費カロリーを増やすということで、これがスリムになるには必須の条件です。

 

特に両親が肥満体質の場合は遺伝してしまうから仕方ないと諦めてしまっている方もいらっしゃるようですが、結局は生活習慣次第ということで、遺伝するというわけではないということは事実です。

 

遺伝が原因ならスリムになるには他に余地がないので諦めざるを得ないですが、本人が肥満体質にならないように注意をすれば、たとえ両親が肥満であってもあなただけはスリムな体質をキープすることは十分可能です。