ダイエットをする上で必須の5つの食事の考え方

ダイエットをする上で必須の5つの食事の考え方

質問

毎日の忙しさが原因で、コンビニ弁当やインスタント食品で済ませてきたのですが、健康診断で体脂肪率が異常に高いことを指摘されました。食事をするにあたりどんな点に注意すべきですか?

 

回答

ダイエットと食事というのはとても密接な関係があり、ダイレクトに肥満に直結しますので、スリムになるにはダイエットに対する食事の考え方をきちんと頭にインプットしておく必要があります。ここでダイエットに必須の食事の考え方を5つ紹介します。

 

一日3食の食事の内容に注意する

基本的に食事は3食摂取しているのが大半だと思います。まず朝ごはんですが、朝こそ一日のスタートなのでガツガツスタミナ系の食事を食べるという人がいるようです。

 

しかし起床して間もない時間ですのでこれはお勧めできません。できれば果物などの軽めの食事で済ませるというのが良いでしょう。酵素ドリンクで済ませるというのも良い方法です。そして昼ごはんに最も比重を掛けて、夜ご飯はやや少なめにするという食事がもっとも健康に配慮した食事であると考えましょう。

 

空腹の時間を意図的につくる

間食やおやつというのを頻繁に摂取するという人もいるかもしれませんが、これが肥満となる原因であるのはあまり知られていないようです。

 

実は食事をしたら、きちんと消化器官を休養させる必要があり、最低でも5時間程度は空腹の時間を作る必要があります。仮に間食をしてしまうと、空腹の時間が極度に減ってしまい、消化器官が休養できる消化不良を起こす原因になります。

 

食欲と無関係の食事を慎む

ストレスがたまると食欲と無関係に暴飲暴食をしてしまうという人がいたら要注意です。これはストレスが解消されるまで食べ続けることを意味しますので、予想以上にカロリーを摂取してしまい、気付いてみたら肥満になっていたという恐ろしい事態に陥ります。

 

食事時間は食事に集中する

ゲームをしながらおやつをたべたり、テレビをみながら食事をしたりする人がいるかと思いますが、これもだらだらと食べ続けてしまう悪い癖に繋がるので、必ず食事なら食事に集中するようにしましょう。

 

調理方法に着目する

調理方法というのは様々ありますが、できればカロリーの少ない調理方法の食品を選択するということが大切です。

 

例えば魚を食べる場合、フライ、天ぷら、焼き魚、刺身など同じ素材であっても調理方法が異なるとカロリーが異なってきます。できれば揚げ物は避けて、生に近い刺身を選択するというのもダイエットには大切な考え方です。また野菜や果物を食べる場合は、長時間煮たり加熱すると酵素やビタミンが死滅してしまいますので、できるだけ生で食べるようにしましょう。