体脂肪を減らすことに専念するのはダイエットの大敵です

体脂肪を減らすことに専念するのはダイエットの大敵です

体脂肪ということばを聞くと、スリムになるにはなんとかしてカットしなければという衝動に駆られるのではないでしょうか?確かに体脂肪が過剰に増えると肥満体質になって体型は崩れますし、病気の原因にもなるのでできれば排除したいと思うのは当然です。

 

ただこの考え方というのは非常に危険を伴います。実は、体脂肪というのは余ったエネルギーをいざという時の為に体内に貯蓄する役目を果たしたり、大病をわずらったり、出産などでエネルギーを多く必要とするような場合に、エネルギーを供給する役目も果たしています。

 

さらに体温を一定に保つための保温効果、事故などの体への衝撃を緩和する役目を果たすなど、体内に必要な成分であるというのはあまり知られていないようです。

 

この体脂肪というのは大別すると皮下脂肪と内臓脂肪の2種類あります。皮下脂肪は皮膚の下に蓄積された脂肪であるのに対して内臓脂肪は内臓周辺に蓄積された脂肪のことです。肥満体質に大きな影響を及ぼすのは内臓脂肪のほうで、一見肥満体型に見えない人であっても内臓にはかなりの脂肪が蓄積されているというケースも実際にはあります。